読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

harry’s memorandum

おれおれメモ

OpenSolaris 2008.11版インストールしてみた

日本製のOpenSolarisディストリビューションの「Jaris」がクールな感じで使ってみたかったのですが、僕のDELL Inspiron 1420 ではNICが認識しませんでした。無線NICは認識しているんだけど私の家は無線使ってないのでアウト。Compiz Fusionもグリグリできてクールなのに残念。

DELL Inspiron 1420 の NICドライバ は BCM5906M。ぐぐってみるとOpenSolarisの snv_100 で 対応してくれているようです。*1
http://bugs.opensolaris.org/bugdatabase/view_bug.do?bug_id=6603710

Bug ID 6603710
Synopsis Request: support for Broadcom NetLink BCM5906M Fast Ethernet PCI Express(pci14e4,1713.17aa.3861.2)
State 10-Fix Delivered (Fix available in build)
Category:Subcategory driver:bge
Keywords
Responsible Engineer Yong Tan
Reported Against snv_83 , snv_85 , snv_87 , osol_2008.05
Duplicate Of
Introduced In solaris_nevada
Commit to Fix snv_100

2008.11版のOpenSolarisは snv_101b(Solaris Nevada build バージョンでいいのかな?) ですので、こっちに乗り換えてみました。

OpenSolaris 2008.11版ダウンロード

OpenSolarisダウンロードセンターから2008.11版をダウンロード。適当にDVDにでも焼いてください。

wget http://dlc.sun.com/osol/opensolaris/2008/11/osol-0811.iso

OpenSolaris 2008.11版インストール

OpenSolarisのメディアをbootさせるとそのままLiveCDとして起動します。
デスクトップにある「OpenSolarisをインストールする」アイコンをクリックしてインストールを始めます。
f:id:dharry:20090405232016p:image

ようこそ画面
f:id:dharry:20090405232027p:image

パーティション設定
f:id:dharry:20090405232026p:image

タイムゾーン
f:id:dharry:20090405232025p:image

ロケール
f:id:dharry:20090405232022p:image

ユーザ
f:id:dharry:20090405232020p:image

インストール確認画面
f:id:dharry:20090405232019p:image

インストール中
f:id:dharry:20090405232017p:image

ネットワークの設定

ネットワークの設定をします。スタティックにIPを割り振るので[手動](Manually)で設定します。[システム] -> [システム管理] -> [ネットワーク]

f:id:dharry:20090406025011p:image
f:id:dharry:20090406025010p:image

名前解決でDNSをちゃんと参照するように/etc/nsswitch.confを修正

$ vi /etc/nsswitch.conf
hosts: files dns

extraリポジトリの追加

ここを参考。Sun Online Account を取得してSun ID と Passoword を入れログインして2つのファイルを取得。Sun ID は登録時のメールアドレスになります。

  • Download(key)
  • Doenload Certificate
$ pfexec mkdir -m 0755 -p /var/pkg/ssl
$ pfexec cp -i ./OpenSolaris_extras.key.pem /var/pkg/ssl
$ pfexec cp -i ./OpenSolaris_extras.certificate.pem /var/pkg/ssl
$ pfexec pkg set-authority \
> -k /var/pkg/ssl/OpenSolaris_extras.key.pem \
> -c /var/pkg/ssl/OpenSolaris_extras.certificate.pem \
> -O https://pkg.sun.com/opensolaris/extra/ extra

パッケージマネージャで必要なアプリをインストール

好みのアプリをインストール。

$ sudo pkg install SUNWgcc SUNWruby18 SUNWscreen

Xenを使えるように設定

Domain0に必要なものをインストール。ここ参考。あとxvmとかvirtと付くものは適当にインストール。

 $ sudo pkg install SUNWvirt-manager SUNWvirtinst SUNWxvmhvm SUNWvirtinst SUNWlibvirt SUNWurlgrabber

Xen-kernelをgrubのmenu.lstに追加

$ sudo vim /rpool/boot/grub/menu.lst
title OpenSolaris 2008.05 snv_101b_rc2 X86 xVM
bootfs rpool/ROOT/opensolaris
kernel$ /boot/$ISADIR/xen.gz
module$ /platform/i86xpv/kernel/$ISADIR/unix /platform/i86xpv/kernel/$ISADIR/unix -B $ZFS-BOOTFS
module$ /platform/i86pc/$ISADIR/boot_archive

Domain0で起動するkernelを追加したgrubのmenu.lstをリンク

 $ sudo ln -s /rpool/boot/grub/menu.lst /boot/grub/menu.lst

リブートして、Xen-Kernelで起動。virt-managerでXenDomainUの起動もOK!.
f:id:dharry:20090406025008p:image

感想

  • まったく違和感なく使えてびっくり。
  • 体感でVMwareESXiやLinuxXenより若干重い感じ。
  • XenSolaris Containerは併用できそう。
  • Xen-KernelでもCompiz Fusionでぐりんぐりん画面できた。

*1:Jarisの2008.10リリース版は nv_98 みたい。