読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

harry’s memorandum

おれおれメモ

中華タブレット Teclast X16 Plus 購入

中華タブレット買った人がいるので対抗してみました。
kenkiti.hatenadiary.jp

つうか、最近この手の博打ガジェット買ってなかったので、楽しみです。
買ったのはこれ。

「Teclast X16 Plus 32GB 2GRAM 10.6インチ Android5.1 BT搭載」
http://akafudatengoku.com/products/detail.php?product_id=6923

赤札天国で16,980 円です。送料入れたりすると18,000円ぐらいでしょうか。
f:id:dharry:20160626122006j:plain


無駄な説明書がなくて良いですな。
f:id:dharry:20160626122005j:plain


10.6インチって結構でかいです。並べているのはNexus7 2013 です。
f:id:dharry:20160626122007j:plain

瞳孔が開くほど簡単にredmineを構築できる「Bitnami」 (3)

今まで、色々こねてきたけど、よくよく考えたら、nginxでリバースプロクシすればいいよね。

構成

3つのredmineを1つのサーバーにインストールします。以下はインストール先とポート番号です。

prefix http https mysql subversion
redmine /opt/release 8000 44300 33860 36900
redmine /opt/staging 8001 44301 33861 36901
redmine /opt/dev 8002 44302 33862 36902

インストール方法

各サービスのポートを変更しつつインストールします。

$ ./bitnami-redmine-xxx-linux-x64-installer.run \
  --prefix /opt/release \
  --apache_server_port 8000  \
  --apache_server_ssl_port 44300 \
  --mysql_port 33860  \
  --subversion_port 36900 \
   --installer-language en

$ ./bitnami-redmine-xxx-linux-x64-installer.run \
  --prefix /opt/staging \
  --apache_server_port 8001  \
  --apache_server_ssl_port 44301 \
  --mysql_port 33861  \
  --subversion_port 36901 \
   --installer-language en

$ ./bitnami-redmine-xxx-linux-x64-installer.run \
  --prefix /opt/dev \
  --apache_server_port 8002  \
  --apache_server_ssl_port 44302 \
  --mysql_port 33862  \
  --subversion_port 36902 \
   --installer-language en

nginxの設定

あとはRedmineをサブディレクトリにしても、VirtualHostにしても、煮るなり焼くなり nginxでリバースプロクシ。
下はRedmineをサブディレクトリにしたときの例です。

server {
    listen       80;
    server_name  ore.example.jp;

    client_max_body_size 20M;

    error_page   500 502 503 504  /50x.html;
    location = /50x.html {
        root   /usr/share/nginx/html;
    }

    proxy_set_header X-Real-IP $remote_addr;
    proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for;
    proxy_set_header Host $http_host;
    proxy_set_header X-NginX-Proxy true;

    location /release {
        proxy_pass   http://localhost:8000/release;
    }
    location /staging {
        proxy_pass   http://localhost:8001/staging;
    }
    location /dev {
        proxy_pass   http://localhost:8002/dev;
    }

}

Amazon kindle Fire 買ったよ

f:id:dharry:20160124232947j:plain

Kindle Fire タブレット 買った。
4980円というは衝撃だ。
動きもなかなか良い。
4980円にしては素晴らしいと思う。

でも、Nexus 7 2013 持っている私には必要なかったな。
解像度がマイナスだ。ああ、解像度はやっぱ重要だね。


Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

InnoSetup5.5.6リリース

innosetup

ほぼ1年振りの更新です。

SetupMutexが良いですね。
Win32使うか、InnoScriptのCreateMutex()するか、setup.exeの排他制御できませんでしたが、これで楽になります。

5.5.6 (2015-07-16)

Added the Windows 10 "compatibility" section to the various manifest resources used by Inno Setup. This enables any check for the operating system version to get the real version number (10.0) instead of getting the same version number as it did in Windows 8.1 (6.3).
Added new [Setup] section directive: SignToolRetryCount, which defaults to 2. Specifies the number of times the Setup Compiler should automatically retry digital signing on any errors.
Added new [Setup] section directive: SetupMutex. Can be used to prevent Setup from running while Setup is already running.
Fix: Console-mode compiler (ISCC) change: Renamed /DO and /EO command line parameters to /O- and /O+ to avoid possible conflicts with /D.
Pascal Scripting change: Unicode Inno Setup: Added new functions VarIsClear and UnpinShellLink.
Inno Setup Preprocessor (ISPP) change: Added new function ForceDirectories.
Unicode [Code] based on RemObjects Pascal Script Git commit db0d6f521113a31b34a76aeefd79fb148a9c4bfd.
Various documentation improvements. Contributed by jogo- via GitHub.
Minor tweaks.

http://www.jrsoftware.org/files/is5-whatsnew.htm

XenServer の システムアラート

xenserver

コマンドでアラート送ることできたんですね。


gist737e1d45f3b5536c9a07

XenServerのVMでコンソール画面を高解像度にするぜ!

xenserver vnc

XenServerのVMのビデオメモリは4MBで頑張ってもSXGA(1280x1024)までが限界でした。コンソールセッションで接続すると、解像度がショボくて悲しくなります。
でも、xenserver.orgのblogでVMのvRAMを変更することで、WQXGA (Wide-Quad-XGA)まで解像度を変更することができます。まじに嬉しい!


VGA over Cirrus in XenServer 6.2 - Virtualization Blog

デフォルトの解像度

デフォルトではこんな感じ。SXGA (Super-XGA)が限度。VNCで接続しても小さくて寂しいものです。
f:id:dharry:20141112042723p:plain

変更後の解像度

XenServerにsshでログインして、xeコマンドでvRAMを変更してVMをリブート。素晴らしい。

$ xe vm-list name-label=base_windows7_x64
uuid ( RO)           : 89091cf1-7790-c6c4-a80b-49370d01d77b
     name-label ( RW): base_windows7_x64
    power-state ( RO): running


$ xe vm-param-set uuid=89091cf1-7790-c6c4-a80b-49370d01d77b platform:vga=std
$ xe vm-param-set uuid=89091cf1-7790-c6c4-a80b-49370d01d77b platform:videoram=16

f:id:dharry:20141112042730p:plain

古すぎるLinuxを運用していてBash-2.05bだったという悲しい事実を直視して

普通にビルドしました。そんなもんだよね。


bash2-CVE-2014-6271